> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電車でGO!
どうも。
孫にあげるのは勿論、ベルタースオリジナル。
なぜなら彼も、特別な存在だと思う、1024MBです。

はい。

今日は久しぶり散髪へ行きました。
鬱陶しい髪を切ってもらうためです。

散髪屋へ行ったとき、30歳ぐらいのおっさんが居ました。
そのおっさんは、散髪屋になりたい。みたいなことを言っていました。

「子どもの髪切ってたら、これおもろいなー、おもってなー」
って言ってました。

30歳から散髪学校へ行くのは遅い、とか
散髪学校は悪いヤツが多い、とかそんなことを、散髪屋の人と話していました。

色々話しを聞いているウチに、そのおっさんはJRの運転手だと分かりました。

エリートじゃねぇか
なんで その仕事イヤになったんだ…


「この前な、俺が電車運転してるときな、人跳ねかけたんや」


リアルな話だな…
そうですね
運転手やってると、そんなこと起こっても可笑しくないですね。

「その、跳ねそうになった男と眼があったんやわ」

想像すると、スゴイ怖いですね

「まぁ、飛び込む前に後ろの人に止められたんやけどな」

良かったですね
跳ねなくて

「もし跳ねてしまったら、どうなるんですか?」
と、散髪屋。

「跳ねてもうたら、まず、体のパーツを集めるんや」

あぁ。
イヤだイヤだ…
そんな話しないでくれ…

「警察には連絡しないんですか?」

「そんなん、警察に連絡したらしまいや」

「なんでですか?」

「警察連絡したら、その電車調べられて 動かせんくなるんやわ」

「あぁ、そうなんですか」

「だから、さっさと体集めて、端に寄せておいて電車走らせるんやー」

「そんなん、スゴイイヤですね」

「ホンマやで!いっぺんな、腕が車輪の上に残ってて、車庫で見つかったときがあるんや」

「うわww」

「おまえ、車庫に腕あるぞー。とか言われたりしてねー」


等、なかなか聞けない裏(?)情報を聞くことが出来ました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
へぇー
俺はてっきりそういうこと専門の業者が
あるのかと思ってたよ。
2006/07/26(水) 22:31:41 | URL | lefty #KI9OsvPY[ 編集]
僕は ぜーんぶ警察がやると思ってたよ
2006/07/26(水) 23:00:54 | URL | 1024MB@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
電車でGO電車でGO!(でんしゃでゴー!)は、タイトーが制作している電車運転シミュレーションゲーム|シミュレーションゲームソフトのシリーズである。1997年に第1作目がアーケードゲームとして発表された。その後、アーケードゲーム向けの続編や、家庭用ゲ
2007/06/17(日) 06:10:01 | まなかの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。