> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでも僕は無視して、速歩きです。
どうも。
文化祭で使う、ポンポン作りに熱中してた、1024MBです。

はい。

昨日、僕は部活があったので
家に帰るのが遅くなってしまいました。

電車が全然無いからですね。
19:18の次が20:08ってどういう事よ?

はい。
そんなこと、今に始まったことではないので どうでも良いです。

僕は電車を降ります。
今の時間は、8:30ぐらいです。

僕はダラダラと歩いていたんですが、何か変です。
何か、不自然なのです。

僕のすぐ後ろに、小学生が居ます。
自転車を押しています。

何で乗らないんだ?

まぁ、いいか。

僕は無視して歩きます。
つったかつったか、歩きます。

後ろの小学生もついてきます。

ほう
なるほど。
夜だから恐いんだなw

流石小学生だぜ!

僕は面白いので、速歩きをしてみます。

たったかたーと歩きます。

後ろの小学生は、ザッザッザッ、と必死です。
それでも僕は無視して、速歩きです。

まだついてきます。

もう少し速く歩いてみます。

ザザザザザザ… 必死です。

自転車乗れよ。

坂を登っているときも 僕の歩きは速度を落としません。

自転車のタイヤが回る音が消えます。

…。
ここで、いきなり立ち止まって
大声出したらどうなるだろうwwww

と、恐ろしいこと(小学生にとって)を思いつきましたが
止めておきました。

これ以上いぢめるのは可愛そうです。

ってか、ハァハァって息切れしてる声聞こえるし。

をしまい。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。