> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動車交通局環境課が07年騒音規制を強化
どうも。
白い半紙に黒い墨汁が一滴落ちたように…
何いってんだ?教師。1024MBです。

はい。

今日は、一部の人にとっては死活問題の話を。

あとでまとめるから、↓の長い文読むのがめどい人は
黒い字から読んでください。


自動車交通局環境課が07年騒音規制を強化

自動車騒音に対する苦情が絶えないことから、国土交通省自動車交通局技術安全部は、規制の対象を広げた新たな騒音規制強化に乗り出す。27日、その概要が示された。

予定される省令の変更点は、型式指定の対象にマフラー(消音器)を追加するという単純なものだが、これによって近接排気騒音(アイドリング中の騒音)に加えて、走行中の車両全体の騒音を図る加速走行騒音や定常走行騒音(いずれも走行中の車両の騒音)の基準値内適合を求めることができる。

07年騒音規制強化の狙いは、マフラーという部品に対する騒音規制を求めながら、少量流通で型式指定を受けていなかった車両に対して、型式指定の制度を迫る狙いがある。

交換マフラーを製造する部品メーカーだけでなく、四輪車の輸入車の一部やすべての二輪輸入車、また二輪逆輸入車などが規制対象となり、新たな対応を迫られる。

同部環境課は、道路運送車両法施行規則など省令改正を、07年7月に予定している。同課は、現在、パブリックコメントを求めている。

環境課パブコメURL
http://www.mlit.go.jp/pubcom/06/pubcomt155_.html



これは酷い。

つまりまとめますと
今年の7月から、マフラを変えたりして
音の大きいクルマは法律上、マズイことになりますよ。
って事です。

ここから先は、ボクなりに解釈したモノです。
全てが正しい情報とは思わないでください。
間違ってるかもしれない…って事です。

この法律が交付されるのは、今年の7月ですが
他の法律で、当分の間は認められるそうです。
当分の間、と言っても平成20年1月からは認められないみたいです。
平成21年12月からは、製造されるクルマまでもが対象みたいです。

もっと詳しく知りたければ、こちらをどうぞ。
パソコン、一部の携帯電話のみ可。
でも、携帯で見ることはオススメできませんよ…っと。

http://www.mlit.go.jp/pubcom/06/pubcomt155/01.pdf
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。