> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全然わかんねーよ!
どうも。
コンタクト外すのがめんどくさい、1024MBです。

目がゴロゴロしてきたから
外したいんだけどね…面倒でさ…

はい。

今日は学校の先生が言った、謎な事でも書こう!

これは、部活中におこったことです。
先生が、生徒に頑張れ!と言う意味で言った言葉です。(多分


「まず、この学校を虫籠とたとえる。」

この時点で理解不能。
さらにこの先生の言葉は続きます。

「お前らはその中にいるバッタや。」

おいおいおいおい!
すでに虫篭で常人には理解不能の域を超えていたというのに
さらに、生徒のことを虫ケラ呼ばわりですか?
あんたは凄い。
常識という型に嵌らないなんて…!!
恐ろし娘…!!

まだまだ続きます。

「お前らは、虫籠の壁に頭ぶつけて散っていくのか
 それとも、虫籠を突き破って、大空へと羽ばたいていくのか?」

おぉぉぉぉ!?
こいつはすげぇ…
突っ込み甲斐がある…!!

虫籠の壁に頭をぶつけて散っていくのか…だとぉ?

何が言いたいんだ?
お前は。

努力が足りないって事か?

全然わかんねーよ!

はい、次。


虫籠を突き破って、大空へと羽ばたいていくのか?…だとぉ?

…。
うん。
そうだね。
大空へ羽ばたいていくんだね。
いいよね。
大空。
広い空の上を、ゆっくり飛んでいく。
街の上を
森の上を
海の上を…
あの水平線の向こうの、もっと向こうに!
雲よりも、もっと、もっと高く飛んで

トンでるのは、お前の脳内だ。

全てがワカラン。
もうダメだ。
突っ込む気が失せた。

まず、この学校を虫籠とたとえる。
お前らはその中にいるバッタや。
お前らは、虫籠の壁に頭ぶつけて散っていくのか
それとも、虫籠を突き破って、大空へと羽ばたいていくのか?
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
要するにだ、
「貴様等は学校という虫籠、言わば檻から一歩も出ることのできない惨めな虫けらなのだ!ウハハハッ!」っつーことなんだろーよ。
虫籠突き破れるバッタは居ません。
2007/02/06(火) 22:53:07 | URL | lefty #KI9OsvPY[ 編集]
「貴様等は学校という虫籠、言わば檻から一歩も出ることのできない惨めな虫けらなのだ!ウハハハッ!」
あー
この言葉、ホントにいいそうだわ…
あの先生なら…

いや
ホント。
シャレにならんから。

>虫籠突き破れるバッタは居ません。
だから意味が分からない。と言ったんだ。
2007/02/06(火) 23:54:17 | URL | 1024MB@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。