> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の中心で神に忠誠を誓い感謝し尊敬した日。
4月3日 水曜日 午前8:10

僕は、駅のベンチで電車が来るのを待っている。
風が強いせいか、少し肌寒い。
駅には誰も居ない。

僕一人だ。


4月3日 水曜日 午前8:05

―――家を出て約20分後

僕が機嫌良く、ハルヒの約一年ぶりの
待ちに待った新刊
涼宮ハルヒの分裂を電車の中で楽しく読んでるときのことだ。
僕は何度も笑いそうになるのをこらえていた。

何故こらえてたかって?

ここが電車の中だからだ。
これでも僕は一応、モラルと常識がある人間だと思っている。
電車の中で突然笑い出すと言うような、
まわりに迷惑をかけるような行動はしないようにしている。

多分、僕の顔はかなり緩んでいた事だろうが
そんなことは気にしないことにする。

さて、その時だ。
僕の読書の邪魔をする輩が現れた。
それは僕のポケットの中で突然、震えだしたのだ。

「糞。邪魔するな。誰だこんな時に!」

と心の中でぼやきながら、僕はメールを見てやった。

「今日中止になった。」

たったそれだけの内容だ。
中止になったのは、僕が電車に乗っていた目的だ。

おいおいおいおい
連絡遅いだろうが。
僕はさっき電車に乗ったばかりなんだが。

仕方が無いので、僕が次の駅で下車し
逆側のホームへ。

次の電車の時間は20分後だ。


4月3日 水曜日 午前8:10

僕は、駅のベンチで電車が来るのを待っている。
風が強いせいか、少し肌寒い。
駅には誰も居ない。

僕一人だ。



やっと電車に乗れた。
やれやれだ。

ヤマ無し。
オチ無し。
意味無し。

ハルヒに影響されて
キョンっぽく書いてみたが
如何だろうか。

僕的にはイマイチだ。
もの凄く書きづらい。
それに、全然キョンじゃない。



と、今日の朝mixiで書いたんですが
続きが出来ました。

では
どうぞ。


家に帰った僕は、溜まっていたアニメを見ると言う
一般的で健全な高校生をやっていた。

そろそろ目が疲れてきたので、見るのを止めようと思ったときのことだ。

頭の中で何かが引っかかる。
なんなんだろうな
このイヤな感じは。

僕の勘は決して良くないが
こう言う嫌な予感は、ほぼ100%の確率で当たる。

さて
一体何が頭に ひっかかってるんだ?
出来る限り早く思い出したい。
さらにその引っかかってるモノが、たいしたモノじゃ無いことを望みたい。

……。
あぁ。あれか。

!!!!
あれかよ!

くそ。
何という失態だ。
僕としたことが!!
朝、無駄足だった。と思ってさっさと帰ったのが間違いだった!

糞!
自分を呪うぜ!

明日は練習試合なんだ。
ちょっと電車で1時間ばかりの所にな。

僕の荷物、上着とかな。
それら、テニスっていうか、運動に必要不可欠な荷物は
毎日持って帰らない修正があるんだ。僕には。

毎日持って帰らない。
え~つまりだ。
僕の荷物は、今頃部室の片隅で鎮座してなさる。

現在時刻は 午後4時20分。

……。
だぁあああああああああああ!!
今すぐでないと電車に間にあわねぇ!!



と、張り切って家を出たわけだ。
全く。
家から駅まで走った僕を、誰か褒めてくれんものかね。
ていうか
いつもの僕なら明日の練習試合は諦めて
昼間で寝てることだろうな。

さて。
学校の近くの駅で降りた僕だが
まだココでも時間が迫ってきている。

あと15分で帰りの電車が来る。

これに乗り遅れたら、30分は電車が来ない。

僕は急いで自転車置き場へ行き、自分の自転車に鍵を差し込もうとしたときだ

…。
僕の自転車じゃねぇ?

…。
僕の自転車がねええええええええええええええええええええええ!!!

これで僕が家に帰って睡眠を取る時間は削られたわけだ。
恨むぜ?
僕の自転車をパクってヤツよぉ!
と、言葉だけは格好良く(?)
足取りはダサク、トボトボ学校へ。

そこで僕は また落ち込んだね。
雨よ。
雨。
傘持ってないつーの。

また走って学校へ着いた僕だが
また絶望したね。

あるのよ。
自転車。
自転車おきばに。

学校に置いてるとか、忘れてるっつーの。

部室に入り、必要な荷物を鞄に詰めているとき
また絶望したね。

あるのよ。
傘。
鞄の中に。

もうね
なんか神が降りてきたとしか思えん。


部室を出ると、雨はもう止んでいて
傘を出して、準備万端だった僕の気持ちをどうしてくれるんだろうね?

そのまま自転車にのり、駅へ着いた。
電車は行った。

ちょうど行きやがった。

もう。
なんだ
これ。

さらに家に帰ると、鍵がかかっていて家の中に入れネェ。
鍵とか持ってネェよ!
急いでたんだからよ!

親が帰ってきて、やっと家には入れたかと思うと
また、イヤ~な予感がした。

さぁ。
オチだ。
心して聞いてくれ。

テニスシューズ持って帰ってくるの忘れた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。