> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一回書いたネタかも知れないけど、まぁいいや。
今日もネタがない。

よって
豆知識第二弾。


今日はキーボードのお話。

楽器のキーボードじゃ無いですよ。
パソコンとかワープロに使う方ね。

このキーボードの並び方は
「QWERTY配列」って言うのですが
理由は…
まぁ、キーボード見たら解ると思います。
左から、QWERTYって並んでますよね。

これ以外のキーボードを使ってる人は
かなり稀少だと思います。
今は、殆どがこの並び方になってます。

別に、この並び方がJISだとかISOだとか
そんな規格にのっとたものではありません。
みんなこの並び方のキーボードを作っているのです。

さて
質問ですが
このキーボード、使いやすいですか?

「使いづらい。」
と思った人は、ちょっと考えを改めてください。
いくら使いづらいと思っていても
ここでは使いやすい。と思ってください。
その方が、こっちとしても助かります。

「使いやすい。」
と思った人は、相当使い慣れてるんでしょうねw
しかし、長時間使っていると
肩がこってきたり、腕が痛くなって来たるすると思います。


当然です。
この「QWERTY配列キーボード」そういう風に作ってあるんです。
わざと、使いづらいキー配列になっているんです。


どういう事かと申しますると

タイプライターを使っていた時代
元々、キーの並び方は
製造会社によって違っていました。

その会社によって、
「使いやすいように」と必死こいて作られていたのです。

「ん?使いやすいように?矛盾してるじゃないか。」
と、思うかも知れませんが
まさにその通り。
矛盾しています。

しかし
タイプライターはコレで正解なのです。
タイプライターは、使いやすい、速く打てるキー配列じゃダメなんです。

タイプライターで、高速文字を打つと
タイプライターが追いつかなくなり
ヘッド同士か絡まって壊れることが多かったのです。

そこで賢い人は思いつきました。

「そうだ。わざと打ちづらいモノをつくったら故障も減るんじゃないだろうか?」

と。
この賢い人の考えは、モノの見事に当たり
このタイプライターはバカ売れ。

そこで、他の会社もこの配列を真似て
キー配列はQWERTYが普及したってワケです。

今もこの並び方なのは
皆、この配列に慣れてしまったので
他の並び方のキーボードじゃ、かえって効率が悪く
変えるに変えられなくなってしまった。

と言うことなのでした。


はい。
豆知識おわり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
QWERTY配列に対する誤解
「そうだ。わざと打ちづらいモノをつくったら故障も減るんじゃないだろうか?」 というのは、残念ながらガセネタのようです。このネタは、1930年代にAugust Dvorakという人が新しいキー配列を考案した際、既存のQWERTY配列を攻撃するために言い出したいわばイチャモンで、実は根拠がありません。詳しくは私のページの『QWERTY配列に対する誤解』をごらん下さい。
2007/05/09(水) 22:00:51 | URL | 安岡孝一 #eioMINxA[ 編集]
( ^ω^)…。
情報ありがとうございますw

なんかの本で読んだ内容だったんですが…
だまされましたね…
2007/05/09(水) 23:49:44 | URL | 1024MB@管理人 #-[ 編集]
は~。
わざ打ちづらいように・・・っていうのはガセネタだったのですか。俺も騙されてました。
ところで、一番上の列だけで「typewriter」と打てるのは有名。
2007/05/10(木) 00:14:26 | URL | lefty #KI9OsvPY[ 編集]
ホントに有名なのか?
初めて知ったんだけど…
2007/05/11(金) 21:06:03 | URL | 1024MB@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。