> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都。
今日は、京都へ行ってきました。

しかし、暑いですね。
律儀にも、今年の太陽も
地上に強い光と紫外線等を降り注がせるという
僕にとっては迷惑この上ない行為を頑張ってくれるようで
炎天下で熱くなったコンクリートの上を歩かせてくれました。

かれこれ30分は歩いたでしょうか。
いい加減面倒になってきたのか、僕の友人の一人が

「ダルイ。バスのろ。」

と言い出したのでした。
出来る限り今日は、金の都合上
あまり交通機関を利用したくなかったのですが
正直なところ
今、僕たちは迷っています。
完膚無きまでに迷っています。
今、何通りにいるのかすら解りません。
解ったところでも、ムダなんですがね。
だから、仕方ないので
バスに乗りました。
きっと、僕たちを都合に良い場所まで
誘ってくれることでしょう。

バス停で待つこと数分
バスが来ました。

このバスはどこまで乗っても、220円でした。
うむ。
両替しておかなければ。

「で、どこで降りるん?」
と、当然の質問を僕は彼に投げかけました。

すると彼は、しれっと、さらっと

「え?しらん。」

と、言い出しました。

あきれながら適当な駅で降車しました。
その後もまた、適当に歩き
腹が減ってきたので、適当に店を探しだしました。

ココは高い。
まだ店が開いてない。

等の、どうしようも出来ない理由で
次々と蹴られていく飲食店達。
数十分さまよい
やっと安くて美味しそうな店を見つけ、入りました。

どうもこの店は、ハヤシライスが売りみたいですが
僕はそんなモノにはだまされないので
デミグラスハンバーグ定食を食べました。

うん。
美味しい。

結局、目的地はこの店の近くであることが判明。
適当に移動したのにな。
不思議なモンです。

バスを待ってる途中、突然話しかけられました。

「Where do you go?」

…は?
その人は、おじいさんでした。
どう見ても日本人の。
何故に英語?
あと、どこへ行くのか聞いて
あなたどうしてくれるんですか?

その人の話は未だ続くのですが
長くなるので、まとめます。

そのおじいさんの話によると、
京都でバス、電車などを待ってる学生には
必ずこの質問をするそうです。
英語で。
意味が全く分かりません。

そのおじいさんは
元海軍で、その時の事をアツく語ってくれました。
軍法会議は何よりの恐怖だったそうです。
そして、終戦のラジオで命が救われたそうです。
あと、聞いても居ないのに
自分は同志社大学法学部卒とか言われました。
頑張れ。とも言われた気がします。
一体なにを頑張れと言うんでしょうね?

ちなみに、このおじいさんは、終始敬礼をしていました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
おじいさんかっこいいv-344
2007/05/17(木) 17:38:02 | URL | 蘭(愛海ヵら蘭に変えました) #aIcUnOeo[ 編集]
確かに格好良かったですよw

戦争に出ていたって事は
今の年齢は、70~80くらいだと思うんですが
とてもそのような年齢の方には見えませんでしたよw
60歳くらいに見えました。
2007/05/17(木) 22:07:43 | URL | 1024MB@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。