> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釘が打てます
缶コーヒー。

大抵の自動販売機やコンビニ、スーパーなど
幅広く売られている缶コーヒー。
自動販売機のホット機能も、缶コーヒーの為に開発されたらしいです。
中には地域限定の缶コーヒーもあるとか。

その缶コーヒーなんですが
僕はあまり飲みません。
コーヒーが嫌いってワケじゃないです。
いや寧ろコーヒーは好きなんですが
缶コーヒーは飲まないです。
何故かと言うと
単純明快、あまり美味しくないからです。
犀川先生か、僕は。

こんな事を言うと
全国の清涼飲料水会社から文句を言われそうですが
僕はあまり美味しいとは思えません。

どこがどう美味しくないのかは
全く説明することは出来ません。
海原さんじゃ無いんでね。僕は。

はい。
本題。

この前、僕の友人が缶コーヒーを買った時のことです。
僕はカフェインなんかには負けないので
コーヒーを飲んでも全然眠気は覚めないのですが
彼はちゃんとカフェインの効果が現れるようで
眠たいときに飲むのはピッタリだそうです。
なんか不公平な気分です。

この時も、眠気防止の為にコーヒーを買ったみたいです。

この糞熱い時期に、熱いコーヒーを飲む人は
相当なコーヒー好きと覗えますが
彼は冷たいコーヒーを買ったみたいです。
僕はコーラを買いました。
骨をボロボロにするためです。

自販機で買ったんですが
彼の缶コーヒーだけ、不思議な白い霜が付いていました。
スーパーで安売りしてるアイスか。お前は。
因みに、霜が付いてるアイスは
一回、溶けかけたヤツである可能性が高いので要注意です。
今の時期、冷たい飲み物入れたコップに水滴がつきます。
その水滴が凍ってるわけです。
ずっと冷たいところに置いてあったら、水滴はつきませんしね。

さて。
なぜ彼の缶コーヒーだけ霜が付いてのか。
ていうか、なんで霜が付くのか。

案の定、彼の缶コーヒーは凍ってました。
がっきんがっきんがちんがちんです。
がしんがしんだった気がしますが
ガチガチに凍ってました。

振ったらシャリシャリって音がします。
友人涙目、僕爆笑。

そこで僕は、たまたま買っていた
使い捨てのコップを彼に華麗に渡し

「このコップにいれたまえ。ベイビー…」(前髪サラッ)

と、某金持ち風に言いました。

コーヒーは少しだけ出てきました、
なんか、色が凄く…濃いです。
あと、白い浮遊物があります。
なんだこれ。

僕爆笑、友人涙目。

その後、その缶コーヒーを溶かすために
色々やったんですが(まぁ、振っただけですが。)
コーヒーが溶けることはなく
手が「冷てぇよ!」とキレたので缶コーヒーは
諦められることに。


good-bye coffee forever(キョン風に)


オチ無し。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。