> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月第3週アニメ感想まとめ。
最近、アニメが溜まってきました。
毎週ここに感想を書いてるので
溜まるわけがないと、思うかも知れませんが
ここに感想を書いている以外にも、幾つか見ているアニメがあるのですよ。

例えば。
ハヤテのごとく!
しゅごキャラ!
ナディア…とか、他多数。

時間が全然足りないぜ!


みなみけ~おかわり~
第06話 「冷めてもあったか、ウチゴハン」

チアキ


あぁ。
なんだろうな。
冬樹にイライラしっぱなしだ…。
冬樹のポジションは、冬馬じゃなかったのか?
なんで冬樹とか言う野郎になってしまったんだ…?
僕、結構冬馬好きなんだけどな…。

うーん。
やっぱり、おかわりになってからイマイチ面白くなくなったな…。
制作会社が違う2期目。と言う、珍しい形だから期待していたんだけどな…。
がっかりだぜ。

もう一回、童夢制作でやってくんねーかなー!
他にも僕と同じような気持ちの人、沢山いるハズだぜ?
アスリードには悪いけどね…。
コレが、正直な気持ちだ。

あと最後に。
やっぱり冬樹はダメだ。
オリジナルキャラなんて作る必要ないんだよ…。



バンブーブレード
第19話 「アルマジロとセンザンコウ」

ダン君


お。
今回はオリジナルストーリーか。
ダン君の事をミヤミヤ以外に好きになる子がいるだなんて…。
恐ろしい子!

二刀流の人が出てきましたが
高校生の剣道って、二刀流禁止じゃなかったっけ?
いや、詳しく知らんけどさ。

でも、二刀流ってカッコイイよねw
他の人とは明らかに違う…カッコイイ…。
剣道やった事あるひとなら、憧れたことあるんじゃないですか?
ないですか。そうですか。

それにしても、ダン君がもてるのは許せないよね。
巫山戯るな!って感じだよね。マジで。
あのデフォルメされた体。
団栗みたいな頭。
サスペンダー…。
性格以外では、彼を好きになる理由が見あたりません。

人間は中身が大事。って言うのは
見た目が良くない人の言い訳みたいに聞こえるので
この言葉、僕はあまり好きじゃありません。
まぁ、性格悪いヤツは
どれだけ格好良かろうが、可愛かろうがイヤだけどねw




ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
第19話 「家族 ―温もりの欠片―」

ジークリンデ


今回のドラゴノーツ。
前回すんでた家がぶっ壊されました。
いきなりです。
なんの前振りも無しにです。

ドラゴノーツのアバンタイトルは
いつもこんな感じですよね。

相も変わらずISDAから逃げる、ジン御一行。
逃げてばっかりだよなー。
ドラゴノーツって。
たまには追いかける方になってくれんかねw

この前の言ったけど
シチュエーションが違うだけで、展開同じじゃねーか。
毎回同じ展開じゃ、面白みも無くなってくるぜ?
もっと、ドラゴン同士の戦いをやるべきだぜ。
最近、ドラゴンの戦いが全然ないじゃないか。

ドラゴンの戦いがあってこそ、ドラゴノーツじゃないか。
ドラゴノーツは今期のアツイアニメじゃなかったのか。

まぁ、いっか。
コレからに期待。



灼眼のシャナⅡ
第18話 「錯綜の悠二」

シャナ


いよいよって言うか
最初からと言うか、話しについて行けなくなってきました。
アニメだから仕方ないなのかもしれませんが
もうちょっとわかりやすくしてくれ!
原作は、何故か読む気になれないんだ。

はい。
UGが強くなっているような気がしますね…。
UGはシャナの影に隠れて、説明してくれる人で良いのにね。
ドラゴンボールで言うと、ヤムチャ。
バンブーブレードで言うと、勇次クン。
クレヨンしんちゃんで言う、ブリブリ左右衛門。

ヘタレキャラが居てこそ、カッコイイキャラが引き立つというのに
UGをカッコイイキャラにしてしまえば
シャナとその他愉快な仲間達が目立たなくなってしまいます。
ドラゴンボールで言う、クリリン。

まぁ。変わらないモノなど無い。って言葉があるくらいですからね。
ヘタレUGだって、成長していくワケですね。
それが、良い方向なのかか、悪い方向なのかの違いで。

ま、UGの場合は確実に悪い方向だけどね。



CLANNAD -クラナド-
第18話 「逆転の秘策」

ことみちゃん


杏椋ルート終了。
智代ルート終了。
まさか、これで終わらせるなんて…。

原作では、岡崎=自分だから何も思わなかったのですが
アニメでは、そうでは無いのですよね。
なんだろうな。
この気持ちは。

今回の岡崎にはイラッと来たよ。
イラッと。
杏、椋、智代、ことみちゃん…はボーっとしてたけど
この娘達の気持ちをスルーするなんて…

こういう話しの主人公って、大体鈍感だよね。
っていうか、鈍感じゃないと精神が持たない気がするよ…。
君が望む永遠が言い例えになると思うよ。

もうね。
僕、今泣きそうなんだよ。
泣くのを必死で我慢してるんだよ…。
悲しくて泣きそうなワケじゃないんだよ。

ことみちゃん>>>>【越えられない壁】>>風子>杏>智代>渚>椋

って感じだからさ。
泣きそうなんだよ。

わからないよね。
うん。わかんないよね。
僕の気持ち。

それにしても、ことみちゃんは可愛い。
ことみちゃん最高ォッ!イヤッホーーーーーーーーーウ!

ことみちゃん01


あぁ…。
もう…可愛いなぁ…。畜生…。



H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~
第07話 「ほたる」

ほたる


意味深なOPとEDの歌詞の意味が
何となく分かるような気がしました。
最初に感じた違和感はコレだったのかと。

それにしても、僕はこの村に生まれなくて
良かったと、心底思うよ…。
こんな村に居たら、鬱になること間違いナッシング。
○○家がどうのこうの…って言う
上下関係って、僕大嫌いなんだよね…。

さてさて。
はやみちゃん虐めが全くなくなりましたね。
クラスでも冗談を言えるような存在になってますしね。
僕みたいに空気になってないからね…。
まぁ、虐められるよりかは良いんだけどね。

空気って言うのを説明します。

空気というのは、簡単に説明すると
居ても居なくても同じ。
別に居ても良いし、居なくても良い。
そんな感じ。

クラスに何人かは居たよね?
そんなヤツ。

最後に。
EDの名前が、ほたるになってたのは感心した。




俗・さよなら絶望先生
第07話 「百万回言われた猫/赤頭巾ちゃん、寝る気をつけて/津軽通信教育」

霧ちゃん


相変わらず自由だな…。
シャフトは…。
特に絶望先生はフリーダムすぎるような気がします。

OP,EDがころっころ変わるのは今に始まったことではないので
敢えて突っ込まないでおきますね。
毎回毎回出来の良さに圧倒されますよね。

シャフトはOP、EDに力入れすぎだろう(ぇ
あと、どうでも良いような所をリアルにしていたり
本編と全く関係ないところに目がいくようにしたり…
絶望先生で本編以外が気になる。ってネタをやったトコなのにね…。

さて。
本編の方の感想に入りたいと思います。
100万回言われた猫。についてですが
当人は面白いかも知れないけど、言われた方は
同じ事を何回も言われている、ってネタでしたね。

あぁ…
ホントにこれはキツイですね…
今まで自分が言った冗談を悔いるモノが多々あります。
逆に自分がマイノリティって事に気付かされたモノも多々あります。

はい。
途中であった、小ネタである
会場の1000人に聞きました。でゲームに勝てば貰える
ストラップ、あれ、シュールですよねwww

っていうか。
そのストラップ、今日かったんだよねwww
(「今日」というのは、この感想を書いた日であってUPした、2/18の事ではありません。)
大阪に行ったとき日本橋によって、アニメイトに行ったんですよww
その時、こいつはシュールだwwと思い、かったんですよっww



キミキス pure rouge
第19話 「true heart」

星乃さん


なんかさ
真央ねぇがどんどん嫌いになっていくよ。
なに?お前。
真田を不安定にさせてそんなに楽しいの?
自分の気持ちに正直になったところは評価されるところだけど
それを相手にぶつけるのはアウトだろうよ…

さてさて。
今回は、そんな不安定な真田をみて
星乃さんが心配している話しでしたね。

星乃さんまで不安定にさせるなんて
本当に許されざるべき存在になってしまいましたね。
ね、真央ねぇっ!

そんなんだから、ダメなんだよ…。
なにがダメ買って言われるとわかんないけど
兎に角、ダメなんだよ。
だから星乃さんにも、気持ちがばれてしまうんだよ。

っていうか、このままじゃ
確実に真田×真央ねぇルートじゃないか!
そんなのゆるさねぇぞ!
分かり切っていたことだけど、許せネェぞ!

あと、なんとなく画像修正。
鼻の絵の具は余計だ!って思ってね…。

星乃さん02


能登かわいよ能登




true tears
第07話 「ちゃんと言って、ここに書いて」

乃絵


さぁ。
盛り上がって参りました。
このまま行くと、昼メロみたいな展開になりそうですよね…。

眞一郎→好き→比呂実、乃絵(?)
比呂実→好き→純
三代吉→好き→愛子
愛子→好き→眞一郎
眞一郎→友達→三代吉

見づらくて申し訳ない。
図に書くのは面倒なんでね(ぇ
ドロドロな関係になる要素は十分だ!

ま、流石にそれは無いだろうねw
これはアニメだからね!
そんな展開になってしまえば、鬱になる人が沢山でてくるもんね!

ないないw
唯の原作もやっていないヤツの妄言でした。
忘れてくださいw

そういや、このアニメが伏線が多いよね。
これだけ伏線はってて、後半急ぎ足になる。
なんて事にはならないで欲しいですよねw



シゴフミ
第07話 「キラメキ」

フミカ


力ちゃんがこんな変態の声をあてるなんて…。
力ちゃんは男前の人の声をあてるべきだ!
ハクオロさんとかナイス。
っていうか、小山力也がやってる役
あんまりしらないけど…。

今回は、そんなハクオロさんが大活躍な話しでした。
ハクオロさんがフミカのお父さんだなんてね…。

この、フミカ。
過去にハクオロさんを銃で撃ったことがあるらしいですね…。
詳しいことは何にも判りませんが
とりあえず、撃ったことがあるらしいです。

どんな理由があろうと、人を殺しちゃいけないよ。
人に限らず、無駄な殺生はダメです。
自分が生きるため以外、例えば食べるための魚とか…。

正当防衛。
で、誰かを殺してしまった。
ってのは別にいいと思います。
自分が殺されそうなのに、易々と何の抵抗も無しに
殺されるなんて御免被りたいですからね。

まぁ、正当防衛って言っても怪しいモノ多いですけどね。
「まさか死ぬとは思わなかった」ってヤツね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実用イタリア語検定
実用イタリア語検定とは、1995年からスタートした、イタリア語の活用能力を測る検定試験 http://blunt.stepuptechnologies.com/
2008/08/27(水) 06:55:24 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
?ONE PEACE????Ū??Υ?????????
2008/02/26(火) 16:50:27 | ?????
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。