> amembo
実験。もう止めた。 普通の日記で行こうと思う。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10歳=6歳(5歳)
この間
NHK BS2とhiで放送された
「マンガノゲンバ」で、よつばと!が紹介されていましたね。

いやぁw
テンションあがったなぁ!
やっぱり、好きなモノがテレビで紹介されていると
ニヤニヤが止まらないよねー!

そのニヤニヤしている自分がキモイって
途中で気付くんだけど、やっぱりニヤニヤしてるのを止められなかったり
ニヤニヤしている自分にニヤニヤしたり…

あぁw
なんか思い出しただけでもニヤニヤきたww

よつばとのある一コマが紹介されると
それがどういう状況で、その後どうなるかが
一瞬で判る自分が、なんだか誇らしかったです。

って言うか、司会者よつばとの事何にも判ってねーな!
お前ら、よつばと読んで無いだろ!

時東ぁみ!
あなた、よつばのお母さんの事なんて話題にするんじゃありません!
天野ひろゆき!
あなたの感想、解説者と同じ事しか言ってないぞ!

しかし
よつばと!を紹介しているオッサンは判ってる。
あんた最高だよ!


あと、声はヤンダ以外ダメだな。
まぁ、ヤンダの声が合ってた。ってワケじゃないけど。
アニメ化したときこのままの声なら僕は絶望する。


じゃんぼいみねーな!
過信。
今日は、しろ+2k+トントン+ふり+僕で遊びに出かけたぜ!

久し振りです。
どこかに遊びに行くのって。
休みの日は、ずーっと自宅警備に勤しんでいましたしね…。

はい。
と言うわけでして。
カラオケに行く前、僕としろは
ゲーセンに戦場の絆をやりに言ったわけです。

うむ。
今日は(も)全然ダメだったね!
一緒にやっていた人に申し訳ないくらい、ダメダメでした。

ポイント4ってスゴクね!?
二桁にすら行かなかったんだぜ!

まぁ、そんなこんなありまして。
ターミナルで支給を受けるわけですが
僕がターミナルを使った後、しろがターミナにカードを入れたら
突然、ターミナルがフリーズして
カードは返ってきませんし、新しくゲームは始められませんし
大変なことになりました。
店員さん呼んでも、なおらなかったしね!

結局、今日は二回しか絆をすることは出来ませんでした。
もっとしたかったZE…。

その後、カラオケに行こうと思ったのですが
混んでいたので適当に時間を潰すことに。
平日なのに混んでるなんて、よっぽど暇人が多いんですね!

そういや、暇人とイマジンってなんとなく似てない!?

Himagine all the people
Living for today....

*Imagine/John・Lennonより


ほら!
「H」を付けただけでヒマジンになった!
どうでも良いですね。はい。


はい。

カラオケで歌った曲を紹介しますかね…。
今回は、手書きしたのをそのままUP
誤字、脱字はご愛敬。

*画像をクリックしてもらうと、大きくなります。



カラオケ001


カラオケ002



絵は、殆どふりが描いたモノ。
字が汚いのは、そのままUPしようと思ってなかったからです。
絵を沢山描いて貰ったから、スキャンして晒すべきだな~。って思ってさw


ネコミミ長門が居るのは
僕がゲーセンで獲得した
ネコミミ長門フィギュアをカラオケボックスで組み立てていたからです。
もう一つ、目を引く自主規制が入っているモノも、僕がゲーセンで獲得したモノです。

その、獲得したゲームは
コンビニキャッチャーみたいなヤツなんだけど
あれ、なんて言う名前なんかな。

アームにヒモ的なモノを挟んで、引き下げる…
って全然わからんわなwww

ちょっと絵に描いてみる。


キャッチャー


かなり雑な絵ですまねぇ
面倒だったんだ。

そして、僕はこれが非常に上手いことに気付かされました。
狙ったモノ一発でとれたおwwww

今まで、難しそうだったから手を出さなかったけど
これからは欲しい景品があればやるわwwwww
スイーツ(笑)とは、とても言えなかった。
「恋空って知ってます?」
と、バイト先で一つ年下の女の子に話しをふられました。

恋空を読んだことがありませんが
存在は知っていました。

「ん?知ってますが…?」

と返すしかありませんでした。


「あれって、感動しましたよ!○○さん、いつも本読んでますよね!?」

確かに、休憩中
僕はいつも本を読んでいます。
電話する相手も居なければ
メールをしたい相手も居ないしね。
本を読むしかない。ってワケです。

この話しの流れからすれば
僕は恋空を読まなくてはいけい。って事ですよね。
しかし、残念ながら、僕は恋空には全く持って興味がない。


「読みませんか?恋空。」


ほら。きたよ。

「よみたくねぇよ。」

と、ハッキリと気持ちを伝えるのも
相手に酷なので、僕は「読みたくない」って事を柔らかく言わなければならなくなりました。
それを考える方が酷だろうよ…。

その後、相手のテンションがどんどん上がっていき
恋空の話しをしていました。
申し訳ありませんが、その話しの内容は全然憶えていません。

すまねぇ。
頭がトンネルになってたんだ。

その僕達のやりとりを…と言っても、
僕は相づちを打っていただけなのですけどね
そのやりとりを聞いていたのか、他のバイトの子が食いつき
恋空の話しで盛り上がってしまいました。

僕はすることが無くなったので
ぼーっと立っているしかありませんでした。
客も来ないしね。

しかし、女の子同士の会話は全然ついて行けないですね…
まず、日本語を喋っているのかどうかすら分からなかった。
幾つか僕の知らない言葉が出てきてたよ。
多分、流行っている言葉なんでしょう。

そして
さっき気付いたのですが
恋空を僕が読む云々は有耶無耶になってました。

助かった。
1月第4週アニメ感想まとめ。
ニートは曜日感覚がない。
なんて事、よく聞きますが
そんな事はないとんじゃないかな。
と、僕は思います。

なぜならば
アニメは毎週何曜日に放送するか決まっているからです。

ニート=アニメオタク
っていう、僕の勝手な思いこみによるモノですけどね。


はい。
今回のアニメ感想まとめ。
僕の偏見がかなり入っていますので
真に受けないように注意していただきたい。



みなみけ~おかわり~
第03話 「もてなしの夜、そっと出し」

藤岡


今回は、チアキの友達達が
南家でPajamas-Festivalが開催されました。
パジャマフェスティバル=パジャマパーティーね。

パジャマパーティー成るモノに
僕は一度も参加したことがありません。

そもそも、人のウチに泊まる。って行為自体
滅多にしたことがありません。

人のウチでは寝られない。
自分の枕以外では寝られない。
って人が多々いるようですが
僕はいつでも何処でも、瞬時に眠ることが出来るという
のび太君スキルを取得しているので
ハッキリ言って、僕はそんな気持ちを理解することは出来ません。

いや、まぁ
自分の家じゃないと、自分の枕じゃないと寝られない
って人を責めてるワケじゃないんですけどね。



バンブーブレード
第16話 「キリノの欠席と予選大会」

ミヤミヤ


いつも元気100%のキリノが学校を二日も休んでしまった。
その理由は、キリノのお母さんが過労で倒れたからであった!
お母さんが倒れたため、キリノが変わりに店に出ることに。

良い子じゃないか…。
キリノ…。
こんな良い娘がいて、キリノ母は幸せに違いありません。
もう徹夜で、ジャニーズのコンサートになんか行かないようにね!

僕はコンサートなるものは、一度も行ったことがないので
はっきりと言えないのですが
コンサートは、きっとテンションが上がるはずです。

それに、高校生の娘がいるようなお母さんがいったら…。
どう考えても体力的に無理がありますよね。
お母さんも、それくらい判っていたはずです。
それでもコンサートに行く…たいした根性です。

僕はミジンコ並に根性がないので、とてもマネできないですよ…。



ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
第16話 「慟哭 -引き裂かれた運命-」

ギオ


ジルアード軍から逃げる、ジンとその愉快な仲間達。
しかし、逃げる途中でギオは大怪我を負ってしまいました。
そのため、木星で休養をとることに。
暢気に温泉とかに入ったりして、かなり余裕ぶっこいてました。

余裕をこく。
と言うモノは、よくあるモノ何じゃないでしょうか?
少なくとも僕はよくあります。
常に余裕をこいてるといっても過言ではありません。
全然余裕じゃないのに、余裕な風を装ってるのです。

と、いうより。
余裕じゃないって事に気付いていないことの方が多いですね。
後になってから「そういや、あのときかなりピンチだったよなー。」と、思うワケです。
よく、今まで大きな怪我もなく生きてこられたモノです。

思い出してみると
あのとき死んでても可笑しくなかったなぁ。と思うことが多々あります。
車に撥ねられそうになったことなんて、数えだしたらキリがないです。



CLANNAD -クラナド-
第15話 「困った問題」

渚


ことみちゃんルートが終わってから一発目のクラナド。
今度は誰ルートにはいるんじゃろな。

と、思ったら
色々な人のルートをちょいちょい~っとやってるみたいですね。

夏服にはガッカリさせられた。
春原のアホぶりに壮大にフイタ。
渚がアツく語ってるとき可愛かった。
でもやっぱり、ことみちゃんの方が可愛いよね。

今回、春原が怒っていましたが
同情を誘って自分たちを有利なようにする。という行為は
僕も納得いかないですし、腹が立ちますね…。
例えば、アノ国と、アノ国とか。

太陽の子っていう小説も
同情を誘ってるみたいで、スキになれませんでしたね。
心が綺麗な人なら、同情を誘ってる。なんて事も思わないでしょうけどね…。

僕の心は真っ黒に染まっているのです。
いつの間にか染まってしまいました。

岡崎のような優しい心と
渚やことみちゃんの様な綺麗な心が欲しいモノです。



灼眼のシャナⅡ
第15話 「覚醒」

ヘカテー


急展開で、ついて行けなかった今回のシャナ。
とりあえず、近衛さんはコレから登場ない。って事で良いの?

そんな事になったら、能登分が不足するではないか!
能登分が不足すると、集中力の低下などの重大な問題が発生するです。

それにしても能登は可愛い。
なんて可愛い声なの!能登は!
能登を溺愛している方は、僕の気持ちが分かるでしょう!

能登の事を考えるだけで
こう、なんていうか…
胸のあたりから、何か込み上がってくるような?
わかるよね!?この気持ち!

え?わかんない?
っていうか、キモイ?





H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~
第04話 「はまじ」

はやみ


よし!
今回ははやみちゃん虐めがなかったゾ!
それで良いんだ!
人を虐めてもなにも生まれないよ!

今回は、みんなで海に行く話し。
みんな。といっても、はやみちゃんは来てなかったけどね。
だから虐められなかった。って話しですけどね…。


兎に角、虐めがなかったので
今回はイラッっとすることもなく、楽しく見ることが出来ました。

海で溺れるという描写がありましたが
素人が溺れている人を助けるという行為は、かなり危険です。

「溺れる者は藁をもつかむ」って諺もあるように
溺れている人を助けに行けば、グヮバと体をつかまれたりして
助けにいた人も溺れてしまう。というのはよくあることです。

実際
僕が友達と泳ぎに行ったとき
となりに居た奴が、急に足をつって僕につかみがかってきた野郎がいました。
僕は水を沢山飲んで溺れかけたよ。



俗・さよなら絶望先生
第04話 「路傍の絵師/恥ずかしい本ばかり読んできました/薄めの夏」

チリ


本筋以外のことに目がいってしまう。
と言うのが今回のメイン。

これはあるあるあるあるあるあるwwwwwww
ニュースでは事件の被害者や加害者の名前が気になったり
アニメでは後ろで聞こえる会話が気になったり…
考え出したらキリがないような気がします。

絶望先生は「あるある」ネタが逸品。
あずまんがとかの「あるある」とはまた種類が違うんだけどねw




true tears
第04話 「はい、ぱちぱちってして」

野枝


今回は、乃恵が泣けなくなった理由が判明しました。

なんだ。
泣けなくなった理由を探すのが
このアニメのメインじゃなかったのか。
早々に解決してしまったしね…。
今回わかった理由以外にも何かあるのかもしれませんね…。

天空の食事。
と言う言葉が出てきましたね。
天空に近い所にある食べ物のようです。

さっぱりだ。
さっぱり意味がわかりません。
相変わらずの不思議っ子ブリを発揮していますね…。

それにしても
このアニメの主人公のモテモテブリが…ねぇ?



キミキス pure rouge
第16話 「stand in」

星乃さん


映画の撮影が始まりました。
ヒロインは、星乃さんに変わり真央ねぇ。
最初、真央ねぇが真田に告白してるのみて焦ったよw

最近は、真央ねぇの曖昧な気持ちって言うの?
はっきりしない気持ちって言うか、なんと言うか。
それにイライラしっぱなし何だよね…。

君が望む永遠のタカユキみたいな感じに似てる気がしますね…。
鬱度で言えば、雲泥の差ですけどね。
それに、キミキスの鬱は君望とは全然違いますけどね…

青春ラブコメの宿命と言うべきなのでしょうか。
この、本当は誰がスキなのか。って気持ちが表現されているのは…。

少女漫画とかではお約束な感じなんですかね…?
あんまり少女漫画読まないからわかんないけどねw
あんまり読まない。であって、全く読まないって事ではないので。

中々おもしろいんだぜ?
少女漫画って?
こいつらの恋路が気になって気になって…ね。



シゴフミ
第04話 「ナミダ」

フミカ


今度は、鬱展開ではありませんよーに!
そう願いながら見た、今回のシゴフミ。

願い通り、鬱展開ではありませんでした。
ずっとこんな感じの話ばっかりで居て欲しいモノです。
父親殺しとか、そんなんばっかりじゃなくてね。

今回のシゴフミは
母親から娘への手紙。
こころあたたまる内容でありましたね…。

さっき思ったけど
シゴフミってしにがみのバラッド。と被ってるよね。

人の死が大きく関わっているところとか
死んでから気持ちを伝えたりとか…

似たような内容の漫画やアニメなんて
ごまんとあるでしょうから、言い出したらキリがないですよね。
満タンは要らないけど、いっぱい入れてくれ。と言っていた。
昨日も、寒空の下
ガソリンスタンドでバイトをしておりました。

三日目、と言うこともあって結構慣れてきました。
慣れてきたときが、一番ヘマをするところだ。と思い
僕は常に神経を緊張させて労働に勤しんでいました。

GSは、客が全く居ないか
客が沢山いるか。の大抵どちらかになります。
これは全く居ないときの話しです。

一台の軽トラックがやってきました。
中には、ニット帽を被ったおじいちゃんが乗っていました。

給油場まで来ないで、中途半端なところで停車したので
他のバイトの人が注文を聞きに行ってくれました。

おじいちゃんは耳が遠いのか、全然バイトの声が聞こえていないようです。
それでも、懸命に話しかけるバイトの言葉を理解したのか
給油場まで軽トラックを走らせてきました。

僕は、オーライオーライと
ちょうど良い場所で車を止めて貰うため
車の前で誘導をしておりました。

丁度いい場所まで来たので
OKです!と、普段よりも大きな声で叫んでおきました。

しかし軽トラは、停車するどころか
加速して突っ込んできました。

間一髪で、僕は軽トラをヒラリとよけ
他のバイトの子に「えー。」と言う表情を向けておきました。

それから、ガソリンを満タンまで給油し
お金を払って貰うところまで来ました。

しかし、おじいちゃんはお金を一円たりとも持ってませんでした。
おじいちゃん…出かけるときは財布くらいは持とうぜ…。

おじいちゃんの家の人に
お金を持ってきて貰うために、家の連絡先を聞くも
家の電話番号を覚えていない(多分、忘れた)為
どうしようも出来ない状況になってしまいました。

哀れおじいちゃん。
ここで働いて返して貰うぜ!?

と、思いましたが
心が広い所長が、このお金を払ってくれることに。
おじいちゃん、お礼くらい言おうぜ!
後、僕、あなたに撥ねられそうになったのに謝って貰ってないですよ!

大丈夫かな…あのおじいちゃん。
事故るかもしれん。
等、バイトの人たちで話していました。

おじいちゃんが、GSを出て行こうとしました。



右からは大きなトラック。

焦る僕ら。

前進する軽トラ。

クラクションの音。

ワンテンポ遅れて停車する軽トラ。

安心する僕ら。

指示器は右。

左に曲がって去っていく軽トラ。


ホントに大丈夫か!?
おじいちゃん!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。